交渉同席などについて

「28年前の恋人がまだ独身だったら 結婚を申し込みたい」

先日ご依頼をいただき、本日ただ今から調査へ行くのが
「28年前の恋人がまだ独身だったら 結婚を申し込みたい」
よって
「彼女の現住所と現在独身かどうかを調べてほしい」
というものです。

 

お持ちの情報は、28年前の住所・氏名と当時のお写真のみです。
本件は請求に絡むものでもなく、違法行為や不法行為に絡むものでもないので、調査手法がかなり限られてきます。

 

 

私は 基本的にはご依頼者様を信じます。
1、2年前に別れたのであれば ストーカー行為等に利用される危険もありますが、28年前であればその可能性も低いと思います。
(全ての調査に共通して「取得した情報を違法行為 不法行為等に使用しない」旨 誓約書にサインをいただいております)

 

これが純愛で、本当に二人が結ばれてくれる事にでもなったら、それのお手伝いをさせていただく事は嬉しくも思います。

 

しかし いかんせん28年前の事ですし、相手がご依頼者様の事をどう思っているのか全く分からないので、慎重に事を運ばざるを得ません。

 

 

もし既婚であったのなら、現住所は必要ないと思います。
ですので とりあえず「現在 独身か既婚か?」を優先して調べてみる予定です。

 

もし独身であったのなら、決して可能性は高くはないかもしれませんが、相手の気持ちも探りつつ「恋のキューピット」的な事ができればいいなと考えています。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る