各種ハラスメントについて

ハラスメントについて知っていますか?

ハラスメントとは、直訳すると「苦しめる事」「悩ませる事」「迷惑」です。
他人に対する発言や行動などが本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

代表的なところでは、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、モラルハラスメントなどがありますが、特に夫婦間のハラスメントは警察はまず動いてくれません。
夫婦で話し合って解決させるか、さもなければ民事的に対抗するしかないという事になります。

諦めないでください

平成26年度に各労働局に寄せられた相談件数は、
マタハラ 4.028件。
セクハラ 11.289件。
パワハラは、過去最多の62.191件でした。
セクハラは減少傾向にありますが、パワハラは年々増加の一途をたどっております。

しかしこれは表面化したものだけであり、潜在的には何十倍もあるのではないかと考えられ、手口も年々巧妙狡猾になってきています。
平成26年度の実態調査では、職場のハラスメントの防止対策に取り組んでいる企業は約60%しかありませんでした。

弊社は証拠調査、相手との駆け引き・交渉アドバイス、話し合いへの立ち会い、相手への謝罪要求、慰謝料・損害賠償の請求まで、トータルでサポートさせていただきます。

対処事例

  • とりあえず、ハラスメント行為をやめさせたい。
  • 訴え出たいが証拠がない。
  • 訴え出たいがセカンドハラスメントが心配。
  • できれば、事を荒立てすに円満に解決したい。
  • 話し合いの場を持ちたいが、1対1では不安。
  • 弁護士は高額なのでなかなか頼めないが、費用が格安であれば依頼したい。
  • 民事的にキッチリ償わせたい。

こんな時は、是非お任せ下さい。
専門業者としてでも、あなたの身内としてでも、ご都合の宜しい方法で対処させていただきます。

ハラスメントについて

こんな場合は、是非当社にお任せ下さい!

お気兼ねなくご連絡ください。
電話・メールでのご連絡をお待ちしております。

TEL:0422-27-2754 メールでのご相談・お問い合わせ

対策一覧

様々なトラブルを身内のように親身に対応させていただきます。
下記に該当しない対人トラブルでもお気軽にご相談ください。

対策一覧を見る
ページ先頭へ戻る