交通事故トラブル

交通事故トラブルについて知っていますか?

交通事故を起こすと警察は現場に来て客観的に事故の記録を取りますが、民事の部分には一切不介入です。
「これは過失割合はどのくらいですかね?」と尋ねても、それさえも答える事ができません。

過失割合は保険屋が警察の作成した「実況見分調書」を元に決定します。
交通事故の民事的な部分においては、この過失割合で全てが決まってしまうと言っても過言ではありません。
「過失割合の確定」までが勝負になってきます。

弊社へご相談ください。

過失割合の算出はマニュアルや過去の判例を参考にするのですが、実際はどれ一つとして同じ事故はありません。
見方によっては微妙なケースも多くあり、その他証拠がないなどの理由から「実際とは違う非常に不利な割合になってしまう」ということがとても多いです。

もし任意保険に入っていれば、ある程度は保険屋さんに任せても大丈夫ですが、有利な証拠を足で集めてくれるわけではありません。
完全に相手が信号無視でぶつかったのに相手が「青だった」と主張をした場合、もし証拠や目撃証言がなければ過失割合は5対5になってしまいます。
非常に理不尽ですが、これが現実なのです。

正当な過失割合を出せるように、また少しでも有利に交渉が進むように、証拠調査、相手との駆け引き・交渉アドバイス、話し合いへの立ち会い、慰謝料・損害賠償の請求まで、トータルでサポートさせていただきます。

対処事例

  • 証拠がなく、かなり不利な状況に陥っている。
  • こちらが任意保険に入っておらず、相手の言いなりになっている。
  • 相手が任意保険に入っておらず、支払う意思もない。
  • 弁護士に相談したが、証拠がないからどうしようもないと言われた。
  • 事故の時とっさに謝ってしまいこちらが悪い事になっているが、後々考えるとおかしい。
  • 相手がむち打ち症だといつまでも治療を長引かせているので、本当かどうか確かめたい。
  • 弁護士は高額なのでなかなか頼めないが、費用が格安であれば依頼したい。

こんな時は、是非お任せ下さい。
専門業者としてでも、あなたの身内としてでも、ご都合の宜しい方法で対処させていただきます。

交通事故トラブルについて

こんな場合は、是非当社にお任せ下さい!

お気兼ねなくご連絡ください。
電話・メールでのご連絡をお待ちしております。

TEL:0422-27-2754 メールでのご相談・お問い合わせ

対策一覧

様々なトラブルを身内のように親身に対応させていただきます。
下記に該当しない対人トラブルでもお気軽にご相談ください。

対策一覧を見る
ページ先頭へ戻る