DV相談

DVについて知っていますか?

DV防止法とは、配偶者から受けるあらゆる暴力の防止や被害者の保護を図ることを目的とする法律です。
DVは配偶者によって行われる暴力を指しますので、親子、兄弟、友人知人からの暴力はDV法では裁けません。
内縁関係や同棲、あるいは離婚後や交際をやめた後も継続して暴力を受けている場合は、この相手も配偶者と同等にDV法で裁けます。

あなたの「幸せ」を
最優先いたします。

DVには身体的DV、心理的DV、性的DV、経済的DVなどがあります。
暴力を振るうフリをする、物をぶつけるフリをする、大声で怒鳴りつける、無視をする、さげすんだ発言をする、仕事に行く事を禁止する、友人や親族との付き合いを禁止するなどの行為もDV防止法の対象です。

DV加害者はいくつかのタイプに分かれますが、全タイプ共通している事があります。
▪️異常な「特権意識」と「所有意識」を持っている。
▪️その上であなたを暴力で「コントロール」し、自分に「依存」させている。
▪️その結果、自分が色々な意味で「得をする」事が最終目的である。
です。

「ご依頼者様が、今後どうしたいのか?」
「どうする事が幸せに繋がるのか?」
を最優先に考え、証拠調査、相手との駆け引き・交渉アドバイス、話し合いへの立ち会い、双方へのカウンセリング、ボディガード、警察の動かし方、慰謝料・損害賠償の請求まで、トータルでサポートさせていただきます。

対処事例

  • とにかくDV行為をやめさせたい。
  • 夫・妻、彼氏・彼女が別れてくれない。
  • DV加害者の逮捕、または慰謝料請求、または離婚を望んでいる。
  • DVはやめさせたいけど、離婚または逮捕まで望んでいない。
  • DV加害者の外出中に引越しをしたい。
  • 警察やDV相談窓口へ相談しても取り合ってもらえない。
  • 警察へ訴え出るのにも証拠がない。
  • 離婚を決意しているが、色々と不安がある。
  • 弁護士は高額なのでなかなか頼めないが、費用が格安であれば依頼したい。
  • 刑事責任、民事責任、またはその両方で償わせたい。

こんな時は、是非お任せ下さい。
専門業者としてでも、あなたの身内としてでも、ご都合の宜しい方法で対処させていただきます。

DVについて

こんな場合は、是非当社にお任せ下さい!

お気兼ねなくご連絡ください。
電話・メールでのご連絡をお待ちしております。

TEL:0422-27-2754 メールでのご相談・お問い合わせ

対策一覧

様々なトラブルを身内のように親身に対応させていただきます。
下記に該当しない対人トラブルでもお気軽にご相談ください。

対策一覧を見る
ページ先頭へ戻る