交渉同席などについて

「 相手の人の良さ 気の弱さにつけ込んで、理不尽な要求をする人 / 他人名義の家に居座る女 」

一昨日の夜に着手させていただいた案件ですが、同棲相手と別れる事になり、自分名義で借りたマンションのため 相手に「出て行ってくれ」と頼んでも、いつまで経っても出て行かなかったそうです。

 

いい加減シビレを切らして「いついつまでには必ず出て行ってくれ」と言い残し、ご自分はまた別の賃貸物件を借りて引越してから2年以上が経っています。

 

相手の女は「お金がないから出て行かない」と言い続け、その間の家賃、水道光熱費、相手名義の携帯電話料金(通話料のみならず、携帯での買い物分まで)をずっとご依頼者様に払わせているという 信じられないような案件でした。

 

 

通常ではチョット考えられないあまりの〝やられよう〟に、ついご依頼者様に
「何か負い目があるとか、弱味を握られているのでしょうか?」
と聞いてしまいましたが、一切合切何もないそうです。

 

この二年以上 何度も何度も期限を決めて、出て行く約束を交わしても出て行ってくれません。
直近では「2019年の年末まで」という約束だったに出て行かず、それを責めると
「年末と言ったら年度末の事だろうが!?だから3月の末だろ!?」
と屁理屈をこねて居座っています。

 

しかし その3月の末にも出て行かず、とうとう4月の末に 自分がそこを出てから二度目の更新を迎えます。

 

3月の終わりに不動産屋へ契約更新の意思表示をしなければならなかったのですが、ご依頼者様が更新を渋っていると、なんと ご依頼者様のフリをしてその女が勝手に契約更新の書類を作成し 不動産屋に送付しました。

 

この行為は「有印私文書偽造罪」という立派な犯罪ですが、たまたま書類の不備により 不動産屋がご依頼者様に連絡をしてきて発覚し、その時点で「更新はしない」意思を直接不動産屋に伝えました。

 

 

この直前にご相談をいただいて この直後にご依頼を賜ったのですが、早速その女に更新しなかった旨伝えると
「金がないから引越しできない」
「お前が別れたからうつ病だ」
「コロナだから働けない」
と 屁の突っ張りにもならない理由をつけ
「だから出れるわけがないだろ!?さっさと更新しとけ!」
と言う始末です。

 

結婚前の男女の恋愛は全くもって本人の自由ですし、全てその女の「自分の都合」なので、そんな事知ったこっちゃありません。

 

まだこのような人間が日本に棲息している事に驚きますが、ご依頼者様いわく
「この女のせいで人生をメチャクチャにされた。
この件で鬱を患ってしまったし、もう全くお金もなくなった。
絶対に許せないので、徹底的にやってもらいたい」
という事ですので、女性といえど悪質度を考え 遠慮なく徹底的にやらせていただこうと思っています。

 

 

とりあえず一昨日 昨日と「少し強めの一撃」を散発で食らわせてやりました。
昨日の時点では、それなりに効果はあるものの まだ居座る姿勢を崩していないので、今日から更に攻撃の強度を増していこうと思っています。

 

この手の女は、むしろ追い出した後に注意をしなければなりません。
私の経験上、追い出されてそのまま黙っているタイプではないと思います(とんだ逆恨みですが)
自宅はバレてはいないとはいえ 勤務先を知られているので、同時に嫌がらせなどへの対策も練っておかなければなりません。

………

相手自身を見極め、相手の感情の推移を見極めながら、タイミングよく「攻・守」「押・引」「剛・柔」を上手に使い分ける事が、個人間トラブルを解決させる〝キモ〟となります。
………

 

 

男女を問わず様々なケース 様々なパターンがあるのですが、このように 人の良さや気の弱さにつけ込まれて、とんでもなく理不尽な要求を受けているケースが非常に多いです。

 

何故我慢をしているのか 正直理解できない事もあるのですが、どうか泣き寝入りをせず、勇気を持って戦って下さい。

 

もし 弊社の力添えが必要な時は、いつでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る