交渉同席などについて

「遺産相続トラブル」

弊社では金銭トラブルでもある「相続トラブル」のご相談も承っております。

 

遺産相続に関わるトラブルも非常に多く「遺言や相続権の有効性」が最も重要ではあるのですが、相続する金額が大きかったり、相続権を主張する方が強硬だったり、事情が複雑で分配する金額で揉めるようなケースでは 親戚や親兄弟と骨肉の争いになるような事も少なくありません。

 

特に多いのが土地建物などの不動産 有価証券など現金以外の動産を含むケース、「面倒を見た度合い」で揉めるケースです。
特に後者の場合には「面倒を見た過程で掛かったお金、労力」の部分が揉める原因になります。

 

また 被相続人に外に内縁者や認知済みの子供(その主張をする人)がいた場合、または被相続人 相続人のどちらかに認知症、知的障害、精神障害などがあった場合は 事態が非常に複雑化します。

 

それらを含め、遺産相続にまつわるトラブルとして多いのは

⚫︎不動産の分割方法、評価額で揉める
⚫︎被相続人の生前の「面倒を見た度合い」で揉める
⚫︎内縁者、または認知済の子供の出現(主張)
⚫︎被相続人、または相続人が認知症などで正常な判断ができない
⚫︎遺産の独り占めなど、決められた相続分よりも多くの遺産を取得しようとする人がいる
⚫︎誰がどの財産を取得するかで揉める
⚫︎被相続人の多額の借金の発覚
⚫︎他の相続人から相続放棄を求められる
⚫︎遺産が勝手に使い込まれる
⚫︎相続開始を知らないうちに他の相続人が相続していた
⚫︎遺言書が有効か無効かで揉める
⚫︎遺言の内容があまりにも不公平で偏っている
⚫︎「特別受益」または「寄与分」について揉める
⚫︎遺産として取得した不動産の登記に、他の相続人が協力してくれない
⚫︎遺産分割協議後に新たな遺産が見つかった
⚫︎そもそも どのような遺産があるのか把握できていない

などがあります。

 

 

裁判になり長期化するだけならまだしも、最悪の場合は殺傷事件に発展するような場合もありますので、キッチリと法的根拠・証拠を携えて戦う事が重要となってきます。

 

弊社ではご相談や証拠調査などは承りますが、本件は最終的には弊社顧問弁護士をご紹介する形になるかと思います。

その際 弊社顧問は非常に格安 かつ力強く対応していただけます。

 

【弁護士名で内容証明送付】例
「通常」
着手金 10万〜30万
内容証明送付 3〜10万円
合計 13〜40万円

 

「弊社顧問弁護士」
着手金 5万円
内容証明送付 5.000円
合計 55.000円

 

東京の弁護士なのですが遠方の場合やお時間がない場合、やり取りはお電話やメール、書類などは郵送でも対応してもらえます。

 

 

相続問題で何かお困りの事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る