交渉同席などについて

「詐欺加害者に対する調査」

昨日は東京都下西部へ、詐欺案件の加害者の調査へ行って参りました。

 

ご依頼者様は以前 とても大きな交通事故に遭われて、身体障害者1級が認められるほどの重度の障害が残ってしまい、約1億円の保険がおりました。

 

しかしその直後から、4人の詐欺師に寄ってたかって騙されて、その全てを失ってしまったそうです。

 

関西の案件なのですが、加害者4人のうちの1人が東京都在住のようで、その人物の調査に行って参りました。

 

その加害者は親御さんと一緒に住んでいるようでしたが、詐欺師や多重債務者の親御さん特有の「逆ギレ」を受け「ここにはいない!迷惑だ!!」と全否定されましたが、私の目は誤魔化せません。

 

そこに住んでいる事は〝ほぼ〟確定的だと思いますが、まだ確固たる証拠がないので 次は完全に確定させ、請求の手続きに移りたいと思います。

 

ご依頼者様には 画像、映像(そこに住んでいるであろう証拠を含む)、母親との会話の録音をお渡し致しました。

 

 

行きには気づかなかったのですが、調査場所が八王子の有名ラーメン店「みんみん」のそばである事に気づき、我慢できずに帰りに寄ってしまいました。

 

飯の支度をしている女房に悪いので「普通盛り」を頼んだのですが、女将さんに「ゴメンなさい。間違えて大盛りを作ってしまいました。普通の料金でいいのでいいですか?」と言われてしまいました😅💧

 

そして家に帰って普通にしていると、しばらくして次男坊が女房に「おめでとう」と言っています。
「何がおめでとうだ?」と思い考えを巡らせてみると、ハイ、またやってしまいました💧

 

仕事が忙し過ぎて(言い訳ですが)スッカリ女房の誕生日を忘れていました💧💧

 

 

本日はこれから泊りで、二日間に渡って 都内の某高級ホテルでの浮気調査へ行って参ります。
ご依頼者様の日にちの勘違いで、昨日突然言われ急遽対応させていただきました。

 

本当は 本日から三日間神戸へ出張で、全くの別件の「詐欺加害者の調査」だったのですが、こちらを一週ずらす事に致しました。

 

それにしても、関西は詐欺が多いようですね…

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る