交渉同席などについて

「親族とのトラブル / 遺産相続に絡む相続問題 」

ここ最近 親族とのトラブルのご相談が増えております。

 

金銭トラブルと それ以外のトラブルに分かれるのですが、大概はどこかに〝親族の中の問題児〟が絡んでいるものです。

 

全ての対人トラブル(個人間トラブル)に共通して言える事ですが、これらのトラブルには
「警察や弁護士に相談してどうにかなるもの」と
「警察や弁護士に相談してもどうにもならないもの」
があり、弊社で賜わるご相談は どちらかと言えば後者の方が多くなります。

 

言い換えれば
⚫︎法的に対処できるもの
⚫︎法的には対処できないもの
⚫︎法的に対処できるものと 法的には対処できないものの〝合わせ技〟が必要なもの
の三つに分かれると思いますが、弊社で賜わるご相談は ほぼ後の二つのどちらかとなります。

 

親族とのトラブルの多くが
「法的に対処できるものと 法的には対処できないものの両方の対応が必要なもの」
となりますので、弊社の存在価値が発揮されるという事になってきます。

 

 

親族間の金銭トラブルの代表的なものが、遺産相続に絡む「相続問題」(遺産相続トラブル)です。
これは本当にグチャグチャになりがちで、いわゆる〝骨肉の争い〟を何度も見てきました。

 

大概が
「ズル賢い親族が 知識のない親族を騙す」
パターンなのですが、一度騙されてからでは 結果的に〝損をする〟可能性が高くなりますので、後から泣きを見いためにも まず一番最初に弁護士などに相談するべきだと思います。

 

相続問題に関しては 絶対に泣き寝入りをするべきではありません。
「遺産分割請求権」には消滅時効がありませんので、どれだけ年月が経っていようとも 諦めずに戦うべきだと思います。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る