交渉同席などについて

「浮気調査を依頼される前に 知っておいていただきたい事 」

一口に「浮気調査」と言っても 様々なパターンがありますので、その状況などによって調査の難易度、調査時間(調査日数)などが変わって参ります。

 

⚫︎〝浮気はしていない〟という確信を得たい。
⚫︎確信はないが、どうも浮気をしているようだ。
⚫︎浮気をしている事は間違えないが、いつ どこで 誰としているのか検討もつかない。
⚫︎相手は分かるが、日時と場所が分からない。
⚫︎相手と場所は分かるが、日時が分からない。
⚫︎相手と日時は分かるが、場所が分からない。
⚫︎日時と場所は分かるが、相手が分からない。
⚫︎相手も日時も場所も 全て把握している。
等々 様々な状況があります。

 

当然の事ながら「相手も日時も場所も把握している」場合は、あとは現場で不貞の証拠を取るだけですので、難易度も低く 一発で証拠が取れる可能性がかなり高くなります。

 

その逆で「浮気をしているのかどうか確信はない」または「いつ どこで 誰としているのか検討もつなかい」ような状態では、そもそもが
「指定された調査日に 本当に浮気相手と会うのか?不貞行為に及ぶのか?」
という問題にもなってきます。

 

実質的に 配偶者の「行動調査」から始めなければならない事になりますので、一発で不貞の証拠を押さえられる可能性は低くなります。

 

日時や場所だけに限らず、そのほとんどが「ご依頼者様からの情報」や「ご依頼者様の勘」を頼りに調査をする事になるので、その「精度」が 調査結果に大きな影響を及ぼす事は言うまでもありません。

 

よって、浮気調査をするのであれば
「詳細を把握してしていればしているほど難易度が低くなる=調査料金が安く済む」
という事になりますので、できるだけ配偶者をよく観察し 正確な情報を集められるだけ集めてから依頼される事をお勧め致します。

 

あと 不貞相手に慰謝料を請求する場合、少なくとも その相手の住所氏名は判明させなければなりません。
通常は 携帯電話番号から調べるか、不貞行為の後 尾行をして判明させる事になると思います。

 

 

あと「配偶者の警戒心の度合い」も難易度に直結します。

 

よくあるのが、確信がない状態で配偶者を問い詰るだけ問い詰めてから調査依頼をしたり、探偵を雇う事を匂わせて依頼させる方がおりますが、当然の事ながら相手が警戒をして難易度が高くなります。
(中には ケンカをした拍子に〝今 探偵を雇ってあなたを調査してるからね〟と言ってしまう方もおられます)

 

「探偵さえ雇えば一発で証拠が取れる」と思っておられる方もいるようですが、多少なりとも相手が油断をしているからこそ 証拠が取れるわけです。

 

警戒心がMAXで、それなりに頭の切れる方がその気になれば
「何人探偵がついていようとも 証拠を取られないように浮気をする」
事は そこまで難しい事ではありません。

 

裁判になった時に 裁判官が不貞行為を認める〝ポイント〟さえ知っていれば、そのポイントさえ握られないようにすればいいだけの事です。

 

こと〝尾行〟に関しても「警戒心がMAXで、常に周囲をキョロキョロ警戒している人」を尾行するのは至難の業です。

 

加えて 明確に「尾行を〝まく〟術」「尾行を諦めさせる術」というものもあります。
(ごく稀に〝探偵に調査されているかどうか〟を探偵に依頼する方がおられますが、私は何度か探偵の尾行をまいた事があります)

 

どうしてもまけない場合は「その日は不貞行為に及ぶ事をやめる」という選択肢もあるわけです。

 

わざわざ調査の難易度を上げて 調査費用を高くしてしまう結果になりますので
「調査をする前に わざわざ難易度を上げるような事をしない」
のは ご自身のためにも重要な事だと思います。

 

 

昨日は 別居中の旦那様の「確信はないが どうも浮気をしているようだ」のパターンで、都内の方で浮気調査をして参りました。

 

実際に 別居中の男性が浮気に走りがちである事は事実です。
(特に 別居の理由が〝浮気〟だった場合、かなりの高確率で)

 

しかし 別居中といえども「婚姻関係の破綻」が認められない限りは、それも立派な不貞行為となります。

 

そこを分かっていない方が多いようですが、通常 別居してから二、三年程度では「婚姻関係の破綻」が認められる可能性はかなり低いのではないかと思います。

 

昨日は そのような行動は一切確認できませんでしたが、ご依頼者様は
「喜んでいいのか残念なのか 微妙なところですね」
というような事を仰っておられました。

 

「浮気の証拠を取る」事が仕事であり、「生々しい浮気の現場」をお見せする事よって お客様に喜んでいただける弊社の立場と致しましても、正直申し上げて 同じような複雑な心境になる事は事実です。

 

 

弊社では、浮気調査も業界最安料金にて対応させていただいております。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る