交渉同席などについて

「所在確認調査・返済能力の調査 / 貸したお金を返してもらうのに一番重要な事 」

一昨日は千葉県の方へ、調査対象の「所在確認」と「返済能力」を推し量るため〝暮らしぶり〟を確認するための調査へ行って参りました。


借りたお金を返さない最も多い理由が「返すお金がない」というものですが、調査をしてみると 全くそんな事はなかったという事は少なくありません。


本件は〝お店〟で知り合った風俗嬢にお金を貸したのですが、依頼者から大金を借りているのにも関わらず
「現在具合が悪くて働けないので、月500円〜1,000円しか返せない」
などと言っているようでした。


そこで弊社の方で
・弊社が調べて判明させた住所に、実際に住んでいるのかどうかの確認
・本当に働いていないのかどうかの確認
・本当に具合が悪いのかどうかの確認
・どのようなところに住んでいて、その暮らしぶりはどのようなものかの確認
などを行う事になりました。



このように、何かにつけて都合が悪くなると「具合が悪い」で誤魔化そうとする人が とても多いのは事実です。
(特に 精神を病んでいる方に多いようです)


それが全ての事に対する〝免罪符〟にでもなると思っている節があるですが、具合が悪い事と〝債務の履行義務〟は関係がありません。


今回もそのつもりで 意気揚々と調査に出向いたのですが、いざ調査をしてみると 相手は出産直後であり、まさにその日に 産婦人科から退院してきたところを現認しました。
(その際の〝映像〟も ご依頼者様にもご確認いただいております)


それを教えると〝お金を引っ張る〟事が難しくなるため、ご依頼者様には結婚していた事も妊娠していた事も内緒にしていたワケですが、「具合が悪い」は まんざら嘘ではなかったようです。
(出産前には離婚していましたが)


ご依頼者様としては、恐らく〝色恋絡み〟もあったのでしょうから、ますます複雑な心境であった事と思いますが「シングルでの出産の直後」という事であれば、多少なりとも事情を考慮してあげざるを得ません。


調査結果を踏まえて即交渉していただいたのですが、私の意見も汲み取っていただき
「相手の提示金額の10倍ほどの月々の返済金額」
を飲んでいただいたので、その条件を相手にも飲ませ、その日のうちに即日で全面解決をみる事ができました。



本件は、弊社の対応によって
⚫︎お金を借りる際に伝えられた名前が偽名であった事
⚫︎自宅の所在地
⚫︎実際にそこに住んでいる事の確認
⚫︎その自宅に調査会社が調べに来たという事実
⚫︎当時結婚していた事や妊娠していた事を隠していた事
これらの事を判明させた事によって「相手が返済意欲を持たざるを得ない状況になった」という事です。


職業が何であれ、人というものは 自分の事を知られていなければいないほど返済意欲が湧かないものであり、知られていればいるほど返済意欲が湧くものです。


「〝LINE ID〟しか知らない」
相手にお金を貸す(預ける)など もっての外です。


「相手の情報を少しでも多く得る」事は、債権を回収する上で 最も重要な事と言えるでしょう。


ご依頼者様から 感謝のお言葉を頂戴致しました。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る