交渉同席などについて

「人探し・所在調査・行方調査」

昨日は 一年と少し前にも全くの別案件でご依頼いただいたお客様から「行方調査」のご依頼を賜りました。

 

弊社は度々リピーターのお客様がおられるのですが、基本的にはネガティブな事であるので、喜んでいいのか悲しんでいいのか複雑な気持ちになります。

 

本件は 一日に何度も連絡を取り合っていた婚約者が、忽然と行方をくらませてしまったそうです。

 

人が失踪した場合、通常考えられるのは、
・本人の自らの意思によるもの
・入院(特に意識がない場合)
・逮捕
・拉致などの事件に巻き込まれた
・自殺を含む死亡
などが考えられると思います。

 

また、入院(特に意識がある場合)や逮捕であったとしても、本人に連絡の意思がない、または連絡するべき優先順位が低い可能性もあると思います。

 

本件の対象者は逮捕歴もあるとの事で、ご依頼者様が婚約者なのにも関わらず相手の住所を知らないという点から考えても、キナ臭い匂いがしなくもありません。

 

幸い金品は取られていないそうですので「結婚詐欺」には当たらないと思いますが、「貞操権侵害」なども含め 失踪理由としては様々な可能性があると思います。

 

とりあえず相手の現住所を調べ、そこに行ってみればそれなりの情報が得られると思います。
その結果も踏まえて、そこからのスタートになると思います。

 

 

本件は条件が整っていますので、大手探偵社でも使えない合法的かつ合理的、調査費用もお安く済む特別な手法で「住所調査」をさせていただきます。

 

■ 携帯電話番号・車のナンバーからの住所割り出し / 5万円(税別)
■ 住民票取得 / 転居回数一回の場合 2万5千円、二回の場合 3万円(税別)

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る