交渉同席などについて

「交通事故に絡む〝示談交渉〟」 

先日、交通事故からもう2年3ヶ月が経とうとしているのに、いつまでも示談が成立しない案件に対して、私自らが事故相手のところに「示談交渉」に行って参りました。

 

本来であれば「交渉方法を具体的にご教示する」事までしかやらせていただけないのですが、本件は私の近しい人の代理として 私が個人的に全くの無報酬でやらせていただくものですので、特別なものとなります。

 

お互いに任意保険に入っているのですが、警察の作成した「物件事故報告書」を元に 判例に基づいて「過失割合」を算出しているのに、事故相手は2年以上それを認めようとしません。

 

まるで子供のような〝分からず屋〟なので、双方の保険屋さんも もうお手上げとなっているような状態でした。
(自分側の保険屋さんの話も 一切聞かないそうです)

 

客観的な状況証拠が揃っているのに、何とかの一つ覚えのように「納得いかない」の一点張りです。
世の中にはこのように「事実」を直視しようとせず、根拠のない感情論だけで物を言い、何を言っても自分の主張を曲げない頑固者(愚か者)がいるものです。

 

「こちらは 弁護士を介入させても裁判にしても、一銭も掛からないし 何のデメリットもないので、別にそれでもいいんですよ。
結果は明らかなので、示談に応じなければ ○○さんが損をするだけなんですよ。
私が言ってる事が信用できないのであれば、是非ご自分で弁護士に相談して聞いてみて下さい。」
とお伝えしても、2年3ヶ月も前の事故なのに
「今はコロナだから弁護士に相談に行けない」
と、しょーもない事を言い出す始末です。

 

 

仕方がないので〝最終的な文言〟と共に〝最後通告〟を伝え、それに対する返答期限を与えてやりました。

 

それまで鉄仮面のような顔で猛列に反論していたのが、大きく動揺して言葉を失っていたので、恐らく 近日中に応じるものと思います。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る