交渉同席などについて

「ダブル不倫の相手からの脅迫」

実はこの手の案件も非常に多く、今現在同時進行で三件ほどご依頼を賜っております。

 

お互い配偶者がいる事を認知しているいわゆる「W不倫」の関係では、基本的には当人同士には何の責任も伴わず、法的には相手に対して何の非もありません。
もちろん、それをもって慰謝料を払う必要もありません。
(相手の配偶者から「不貞行為」に対する慰謝料を請求される可能性はあります)
「お互い様」という事なのでしょう。

 

しかし、片方が別れを切り出すと「こっちの夫婦関係は終わってるのに、あなただけ元のパートナーのところに戻って幸せになるのは許せない」と言い出し、ストーカー行為、脅迫行為、嫌がらせ行為に及ぶケースが非常に多いです。

 

気持ちは分からなくもないのですが、相手からの「奥さん(旦那さん)と別れろ」「慰謝料を払え」などの要求は全て「不当な要求」となります。

 

 

昨日、栃木県からご相談に見えて受任させていただいた案件ですが、ご契約後「今晩にも何をされるか分からない」と非常に切迫された状態だったので、即着手させていただく事になりました。

 

弊社の施策が見事にハマり、着手からわずか20〜30分で解決にお導きさせていただきました。
まだ油断はできませんのでしばらく様子を見させていただきますが、まず間違えなくこのまま収束するものと思われます。

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る