交渉同席などについて

「お金を貸した相手、正当に慰謝料や損害賠償を請求している相手が支払いに応じない場合」

お金を貸した相手、正当に慰謝料や損害賠償を請求している相手が支払いに応じない場合は、次の手段として弁護士に依頼して「弁護士名で」内容証明で請求してもらう事になると思います。

 

通常はそれで観念するものですが、その内容証明にも応じない人がいます。
そうなると裁判所へ判断を委ねる事になると思いますが、その確定判決にさえも応じない人がいます。
そうなるといよいよ財産や給与などを差押える事になると思いますが、ここまでくる人は財産もなくロクに働いてもいない人も少なくありません。
「費用割れ」にならないよう、ちゃんと調査をした上での見極めが重要になってきます。

 

しかも、そこまでするには相応の費用が掛かります。
請求する側に資金的余裕がない場合や、請求金額的に費用割れになるような場合は、内容証明に応じなければ諦めてしまう方がとても多いのが現実です。

 

 

しかし それで諦めてしまうのは非常にもったいないと思います。
諦める前に、その相手の事を調べ上げてみる必要があると思います。
住所を特定する事は当然ですが、
・どこで働いているのか?
・家族構成はどうなっているのか?
・実家はどこか?
・家族や実家の親兄弟はどのような人か?協力的か?
・周りに本件を知られたくない人はいないのか?
・何か弱味はないか?
などを調べて揺さぶりを掛ける事は、時として非常に有効な手段となります。

 

相手が「ロクに働きもせず、親族などにも見捨てられている世捨人のような人」だった場合を除けば、調べれば一つくらい弱味があるものです。
法的に払わなければならないものを払わない人の弱味を突く事は、特段問題はないと思います(方法論さえ間違わなければ)

 

逆に「弱味を握られた」方の立場であれば「弱味を潰す作業」が必要になってきます。

 

 

人というものは、自分の事を知られていないと思うと強気ですが、自分の事を知られれば知られるほど「常識的な行動を取らなければ」と思うものです。
匿名掲示板などでの傍若無人のやりたい放題の輩も、本人を特定してコンタクトを取ると、コメツキバッタのように詫びを入れるのがいい例です。

 

最後の手段として相手の弱味を突く事によって、ドンデン返し的に支払いに応じるケースは決して少なくはありません。

 

充分やってみる価値はあると思いますが、方法を間違えると全てチャラにされるだけでなく自分の身も危うくなりますので、ご自分でやられる場合はくれぐれも自己責任でお願いします。

 

 

弊社では これらの「対処法ご教示」に加えて、証拠の取得、相手との駆け引き・交渉アドバイス、話し合いへの立ち会い、警察の動かし方、貸金・慰謝料・損害賠償の請求、格安弁護士紹介まで、トータルでサポートさせていただきます。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る