交渉同席などについて

「〝体の関係を条件とした金銭貸借〟に絡む住所調査 / 車での100km超の尾行」

先日受任させていただいた案件は
「身体の関係」を条件にお金を貸してもらい、それによって妊娠中絶をさせられた後でさえも「お前の旦那にバラすぞ」などと脅されながら「肉体関係」(しかも変態プレイ)を20回以上強要されているという酷いものでした。

 

ところが、その後の調査で その男にも奥さんがいるであろう事が分かりました。
そうなると 相手の住所さえ分かれば、強力な「抑止力」となるのですが、相手の男の情報は「名前とLINE ID」しか分かりません。

 

本来であれば「名前とLINE IDのみ」の情報からでは、相手の住所を判明させる事は不可能です。
そこで ご依頼者様に「会う」と嘘をついてもらい、相手を呼び出してもらう事にしました。
もうこれ以上 ご依頼者様に辛い思いをさせるわけにはいかないので、もちろんドタキャンしてもらいます。

 

ご依頼者様の住所も知られているので、当初ご依頼者様は「怒って家に来るかもしれない」とご不安に思われていましたが、その辺の対策は万全を期すものにしたので 問題ありません。

 

朝早くの待ち合わせで、弊社から250kmの距離があったので、朝5時半に家を出ました。
待ち合わせ時間の1時間以上前に到着して張り込んでいると、約束の9分前に相手がやってきました。

 

まず相手の車のナンバーを撮影し、ご依頼者様に「ゴーサイン」を出し 断りの連絡を入れてもらうと、意外な事に相手は即帰途につきました。

 

高速道路を尾行していると、急に車線変更をして予定外のインターで降り、料金を払った後急激にUターンをして再度高速に乗り元の方向へ戻りました。

 

「ん?尾行がバレたかな?そんなわけはないよな?」と思っているとご依頼者様から連絡があり、相手が
「やっぱり、お前の仕事が終わるまでパチンコをして待っている。仕事が終わってから会え」
という事でした。

 

ご依頼者様には「無視」をしてもらい、パチンコ屋の駐車場で張り込んでいると、2時間半ほどして諦めて相手が再度帰途につきました。

 

再び高速道路を100km以上尾行して、予想していたインターで降り、もう少しのところで自宅が判明させられるところで ある事情により尾行を断念せざるを得なくなりました。

 

車のナンバーは判明させており そこからでも住所を割る事はできるので、無理をする事はありません。
ご依頼者様の安全が第一です。

 

 

もう この時点で ほぼ解決したも同然です。
今後不当な要求を一切しない事を約束させ、連絡や接触も禁止させます。
あとは 借金を無きものとするのか?長期分割払いとするのか?ご依頼者様の意思を尊重し、相手に飲ませるだけとなります。

 

恐らく、この三日以内に解決すると思います。

 

 

追記
翌日である本日 完全解決致しました。
相手の全面無条件降伏です。

 

 

 

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る