ハラスメント

「風俗嬢にお金を貸したら返って来ない」

弊社に頂戴する「対人トラブル」(個人間トラブル)の中で最も多いのが〝金銭トラブル〟となります。


その金銭トラブルの中でも多いのが
①ネット(SNSやマッチングアプリなど)を介した金銭トラブル
②元彼 元カノとの金銭トラブル
③風俗嬢(またはキャバ嬢 ホストなど)との金銭トラブル
となります。

一口に「キャバ嬢」と言っても、一般的な普通の「キャバクラ」と 「セクキャバ」(オ○パ○パブ)のようなところでは 明らかに女性の質(持ち合わせている常識の度合など)が違うようですが、キャバ嬢の中にも時折 風俗嬢顔負けの人がいるのも事実です。


弊社が頂戴するご相談内容から推察するに
キャバ嬢 < セクキャバ嬢 < 風俗嬢(店舗型)=ソープ嬢 < 風俗嬢(派遣型 いわゆるデリヘル嬢)≦ ホスト
というような感じで危険度が増すように思います。


このようなところにお勤めで 人から借りたお金を返さないような人は、そもそもまともに申告もしていないでしょうから、「差し押さえられるものがない」上に「失うものが何もない」ようなケースも多くなります。

「失うものが何もない」+「性格がデタラメ」は、債権者としては最悪の状況とも言えますので、当然 回収難易度も高くなります。


しかし逆に そのような人はあまり頭がよくない傾向が強いので「短絡的」「詰めが甘い」ようなケースも多く、加えて 自分はデタラメなのにやたらと自己防衛本能が強い人が多いのも事実です。


その辺のところに「つけ入る隙がある」場合も多いので、まだ諦める必要はありません。



言ってみれは「男の欲望」を ダイレクトに〝食いぶち〟にしている職業であるわけですが、諸々の〝事情〟があるにせよ〝普通の人〟はなかなかそのような職業は選びません。


その時点でもう既に「普通ではない可能性の高い人」となると思いますが、その目的が〝店外デート〟なのか〝お付き合いをするため〟なのかは別として、貸した方にもそれなりの「下心」があるわけです。


しかし そんな事はとっくに相手は見透かしておりますので、逆に その下心を上手く利用されている状況と言えるでしょう。

そのような職業の女性を 本気で好きになるような純粋(?)な男性と比べれば、相手は一枚も二枚も上手である事は間違えがないと思いますので、特にそのような相手に対しては 慎重に行動するべきだと思います。


日本最強の「金融屋」である銀行がお金を貸す際、一番重要視するのが「勤務先の質」です。
これは〝差別〟でも何でもなく、歴然と「回収成功率」に差があるためです。


極端な話、超一流企業にお勤めの方に50万円貸して 逃げられる可能性はかなり低いと言えますが、風俗嬢やホスト または「いつでも辞められる会社」にお勤めの方に500万円貸して 返ってくる確率はかなり低いと言えます。


人にお金を貸す場合、一番重要視すべきは「勤務先の質」であり、元々の知人であれば プラスアルファ「人間性」もよく見極めるようにして下さい。


何度このように投稿しても、枚挙にいとまがないのですが
「〝LINE ID〟しか知らない」
「何らかのサイトの アカウント名しか知らない」
ような相手にお金を貸す(預ける)事など、全くもって論外となります。



※ あくまでも〝一般論〟ですので、このような職業の方が皆そうであるという事ではありません。
経験上〝普通の職業の人と比べて そのような人が多い〟というお話です。

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る