ハラスメント

「謝罪同行 ②」

前回 ご依頼者様側の準備不足で物別れに終わった「謝罪同行」業務の二回目として、昨日神奈川県某市の方へ行って参りました。

 

「業務上の顧客に対する謝罪」だったのですが、ご依頼者様の勤務先の上司として 世界的大企業の管理職役で同行させていただきました。

 

そもそもがこちら側に大きく非がある上に、相手は絵に描いたような「クレーマー」の方でしたので、非常に難しい案件です。

 

しかも今回は前回から状況が変わり、前回失敗しているにも関わらず
「謝罪をしてお許しをいただきながら、ある強烈な条件を飲んでもらう」
とハードルがグンと上がった状況となり、非常に難しい対応となりました。

 

当然の事ながら ご依頼者様は何が何でもお守りしないとならないので、私(上司)が一切の責を負わないとならず、相手の方に結構な勢いで詰められ大ピンチを迎えてしまいました。

 

 

「謝罪同席」業務は様々な役回りに対応する事になりますが、「お許しを頂戴する」のはもちろんの事「なりすましている」のがバレる事は 何よりも避けねばなりません。
交渉力や演技力ももちろん、アドリブや機転も要求されます。

 

事前に1時間ほどお打ち合わせをさせていただきましたが、社内の事や詳細な業務内容を把握しているわけではありません。
余計な事を言ってボロを出してもいけませんし、かと言って言べき事は言わないとならないので、その辺も難しい判断となります。

 

ご依頼者様との事前のお打ち合わせで
「もし どうにもならない状況に追い込まれたら、最終的にはこれを伝えて許していただこう」
と決めていた事も軽く一蹴されてしまい、いよいよ追い詰められた状況になってしまいました。

 

もうどうにもこうにもならない絶体絶命な状況で 私が最終的に選択したのは、リスクの少ない超初歩的な方法でした。
大きい声で
「大変申し訳ございませんでした‼︎」
と2、3分間深々と頭を下げ続けたところ、最後の最後に何とかお許しをいただく事ができました。

 

 

結構な勢いでボロカスに言われてしまいましたが、仕事と割り切ってやらせていただいておりますし、ボロカス言われているのは「私自身」ではございませんので 全くもって何とも思いません。

 

しかし 灰皿を投げつけられるかと思うほどのとても緊迫した場面が続いたので、ダラダラと汗をかいてしまいました💧
今となっては 両親も兄も上司もいない私にとっては、プライベートでここまで人に怒られるという事はありません。

 

最後にご依頼者様が満面の笑みで
「本当にありがとうございました。本当に助かりました。
もう二度と御社にお願いする事はないようにしたいと思いますが、万一また何かありましたらお願いします」
と言っていただいた瞬間に、全てが報われた気持ちになりました😊

 

 

今回のように 二度足を運んだ事はございますが、弊社の謝罪同行・謝罪代行業務は今のところ100%の成功率です。

 

弊社では、交渉同席、退職代行、代理出席、謝罪代行、交渉代行なども承っております。
様々なシュチュエーション、様々な役回りに対応させていただいております。

 

会いたくない元パートナー・元交際相手・元上司・先輩・親族・トラブルの相手など、業務上またはその他の交渉事へのご同席・お付き添いをして、強力にサポートさせていただきます。

 

加えて、退職代行サービスも業界最安料金で承っております。
上司が怖い、合わせる顔がない、引き留めが酷いなどの理由で会社を辞めるに辞められない方も、どうぞ安心してお任せください。

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る