ハラスメント

「証拠調査」

特に「配偶者の浮気」「いたずら・嫌がらせ」「ご近所トラブル」等は【相手の特定】と【証拠】と【交渉力】が全てと言っても過言ではありません。

「ストーカー」「DV」「いじめ」「詐欺・脅迫等犯罪トラブル」「交通事故トラブル」「金銭トラブル」「ハラスメント」でも、証拠が一番重要になってくるケースが非常に多いです。

現実問題として、どのような案件でも警察も弁護士も「証拠」がないと動いてはくれません。

 

そういった場合、相手を特定し、しっかりとした証拠さえ押さえてしまえば完全に主導権は逆転します。
あとは話し合いで解決するのか、民事的に賠償させるのか、刑事罰を求めるのか、民事刑事両方で償わせるのか、被害の大きさや被害者側の考え方、加害者側の出方や状況次第で判断し、あとは上手に交渉すればいいのです。

 

場合によっては、しっかりとした証拠もあり本人は切迫していると訴えても「これは慌てて動く必要なし」と警察が全く取り合ってくれない事も決して少なくはありません。

しかし、警察に取り合ってもらうにもちょっとしたキモやコツがあり、その辺の手法をご教示させていただく事も可能です。

 

一般的には「証拠の調査」と言えば「探偵」です。
しかし探偵ほど「言い値」の要素が大きい業界はなく、金額、スキル、親切度合いも千差万別であり天と地ほどの差があります。

弊社は「トラブル コンサルタント」でございますが、業務上こういう調査業務を行う事も多いので当然探偵業の許認可も取っており、各調査業務も鋭意やらせていただいております。

 

この手の調査業務は「お金はいくらでも払うから、総動員で大至急調べて欲しい」というのであれば、大手であれば多分問題ないと思います。
しかし大手になればなるほど、広告宣伝費、人件費、事務所維持費などの経費が掛かり、それを調査料に上乗せせざるを得ないのが現実です。

 

一般的な探偵業者では、ほんのチョットした調査でも最低でも30万円は掛かると考えて下さい。
浮気調査だと最低でも50万は覚悟しなければならないでしょうし、案件によっては100万円を超える請求をされる事もあります。

しかし弊社では、よほど煩雑な案件でない限り15万円掛かる事も稀ですし、浮気調査以外の調査では10万円掛かる事すらも珍しいです。

 

加えて弊社では、他社が請求する「着手金」「成功報酬」「車両費用」「機材使用料」等は一切いただきません。
単純に「動いた時間×5.000円+交通費等実費」のみでございます。

 

「人員動員力」という意味では大手に分があるのでしょうが、大概の調査は二人もいれば充分です。
個人でやってるかたの方がよっぽど安価で親身でスキルが高いケースもあるのですが、個人でも大きいところでもいい加減な事をしているところもあるのも事実です。

 

一般の方には、
『広告宣伝費など無駄な経費を掛けずに上手く集客している、料金が安く、親身(良心的)で、スキルのある(能力の高い)探偵社』
を見極めるのは正直不可能に近いと思います。

 

当社は「証拠調査」にも重きを置いており、且つ業界最安料金で対応させていただいております。

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る