ハラスメント

「北関東への一週間の出張 / GPSを使った浮気調査 大成功」

先週の火曜日から昨日まで、北関東の方へ 浮気調査で一週間出張に行っておりました。

 

本調査は難易度が非常に高く、現場到着への時間との勝負になる緊急出動の頻度も高く、それなりに遠隔地であるため 泊まりがけでの調査となりました。

 

弊社の前に 他の調査会社が2ヶ月ほど掛けて調査に失敗をし、また他の探偵業者には難易度が高すぎて断られているほどの難しいものでしたが、弊社にはある程度勝算がありました。

 

対象は移動に使用する車が6台あり、ひっきりなしに乗り換えています(恐らく調査の撹乱のためです)
対象も浮気相手も調査をされている事に気付いていて(弊社のミスではありません)、驚くべくタフさ(丸二日間寝ない事も)で超行動的な上に 物凄く用心深い人なので、持てる調査技術を全て駆使しなければなりませんでした。

 

GPSを使用しての調査(合法の範囲内の手法を用います)、変装、聞き込み、張り込み、車での尾行、バイクでの尾行などをフルに活用しましたが 調査中盤までは非常に苦戦をしました。

 

しかし終盤に 最重要事項を判明させ、決定的な証拠も複数取得する事に成功致しました。

 

 

一番大変だったのは、午後 仕事で近くの現場に出掛けたのだと思い尾行を開始したら、なんと 五つの高速道路を乗り継いで、某県最東端から隣の隣の県の最西端の温泉地まで(県丸三つ分)210kmの尾行になった事です。

 

私は 車の中で仮眠を取る事は慣れているので平気なのですが、温泉地では「浴衣姿での調査」の必要性を感じたので自腹で宿を取り、夜の温泉街を酔客を装って〝浴衣姿〟で徘徊すると、見事にそれが功を奏しました。

 

滞在中は目が回るほど忙しく、常にコンビニのパン 弁当 惣菜を食べていましたが、二、三回まともなものを食べる事ができました。

 

二日間で合計420kmの尾行だったり、連日の深夜2時までの張込みからの朝5時半起きだったり、連続での一日17時間稼働だったり、日中35度の気温の中 熱中症になりそうになりながらの張込み(角度的に日陰に入れない事が多い)、夜 繁みの中での長時間の張り込みで蚊にボッコボコに刺されたりと、とても大変な一週間でした。

 

行きに同案件で埼玉でも調査をしたので、北関東4県全てを股にかけての かなりの大規模な調査になりました。
普通の調査会社(探偵)であれば、どれだけ安いところでも軽く100万円オーバーでしょうが、その半分以下でやらせていただきました。
(大手であれば200〜300万は固いです)

 

 

滞在中、調査の合間を見て 一度お会いしてご相談に乗らせていただき、メールでも3、400通やり取りをさせていただきました。

 

少しでもご依頼者様のご不安を払拭して差し上げるべく、調査の進捗状況、今後の調査方針や対処法などを小まめにご連絡し、手厚くサポートさせていただきました。

 

ここまで難易度の高い調査も非常に珍しいので、物凄い緊張感とギリギリの駆け引きの中、何とか成果が出せて本当によかったと思います。

 

しかし「調査に成功する」=「ご依頼者様にとって とても辛いものを見せる」という事にもなり、ご依頼者様の心中を思うと とても胸が痛みます。

 

特に 一切離婚は考えておられない場合は、調査に大成功してもご依頼者様に喜んではいただけず、とても複雑な心境になります。

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る