ハラスメント

「サレ妻 サレ夫 / 弁護士選び」

浮気をされた妻を「サレ妻」浮気をされた夫を「サレ夫」。
浮気をした妻を「シタ妻」浮気をした夫を「シタ夫」などと呼ぶようです。

 

人間は理性のある動物ですが、動物である以上「浮気」はこの世の中から無くなる事はないとも言えると思います。

 

弊社は業務上「浮気などの調査業務」を行う事が多いです。
正直 人のアラ探しをしているようで嫌になる時もありますが、仕事だと思って割り切ってやらせていただいております。

 

 

弊社では浮気調査などの調査業務に加えて「トラブルコンサルタント」もやらせていただいておりますので、本当に様々なご相談をいただきます。

 

散々暴力を振るわれ、散々浮気をされ、散々罵倒され、散々脅されて、物凄く酷い条件で離婚を迫らせているような 目を覆いたくなるような案件もあります。

 

正直 何故そこまで我慢しているのか不思議に思う事もあります。
しかし そこはそのご夫婦そのご夫婦のご事情もあるのでしょうから、かろうじてその言葉は飲み込みますが、これこそが本当の「サレ妻」であり「サレ夫」なのではないかと思ってしまいます。

 

「相手の社会的立ち位置」「勤務先の質」にもよりますが、いくらでも反撃の手段はあります。

「相手の〝守るべき物〟の有無、度合い」が一番のポイントになってきます。

 

相手の「デタラメ度合」が最悪の場合、または相手の勤務先が「いつでも辞められるような会社」であった場合は 知恵を絞る必要が出てくる可能性もありますが、どうか
【やられっ放しの泣き寝入り】
だけにはならないよう、勇気を持って立ち上がって下さい。

 

 

弊社ではこのような案件にも、顧問弁護士と共に 強力にサポートさせていただいております。
弊社顧問弁護士はとてもお安い料金で、且つ力強く対応していただけます。

 

お近くの弁護士に相談させても宜しいかと思いますが、弁護士は慎重に選ぶべきだと思います。
全ての案件に共通して言える事ですが、結果が大きく変わる事がございますので「弁護士選び」は非常に重要になってきます。

 

私は今まで20人ほどの弁護士先生とお付き合いがありましたが、「その差の大きさ」には驚くべきものがありました。

 

案件が複雑であれば複雑であるほど、難しければ難しいほど「その差」は大きくなってきますし、時に「ある程度の強引さ」が勝負の決め手となる事がございます。

 

弁護士選びは是非慎重に行うようにして下さい。

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る