いたずら・嫌がらせについて

「ご自分に非はないのに、よくトラブルに巻き込まれる方の特徴」

まず、日々 多くのご相談を承っている中で
「そりゃ トラブルにもなるよね」
というものが非常に多いのですが、そのほとんど全てのものは 通常であれば避けられる類のものである事は事実です。


「よくトラブルに巻き込まれる人」というのは大概、その人自身にも原因があるもので、その最たるものが「判断能力」の問題です。


判断能力がないあまりに 自分自らが〝トラブルを引き寄せている〟ようなケースが多く、極端な話 その人自身が〝トラブルメーカー〟のようになっている事さえ少なくありません。



しかし ご自分には全く非はないのに、よくトラブルに巻き込まれる人がいるのも事実です。


その特徴として、大きく分けると
⚫︎対処法が あまりにも下手である
(〝交渉〟も含めて)
⚫︎あまりにも 相手にナメられている
(言葉が悪いですが、実際問題として ここの部分が最も重要だったりもします)
の二つが挙げられると思います。


だからこそ
『トラブル相手が男性の、あまり〝お上手ではない〟女性 』
からのご相談がダントツで多くなっているのですが、それが夫婦間であれば 相手は何もかも知っている事になりますので、よりその傾向が強くなります。


判断能力がないのであれば その〝判断〟をする前に人に相談するべきなのですが、いざトラブルに発展してしまった場合は ご自身で解決させる事は難しくなってしまいます。


逆に言えば、しっかりと判断能力があり、対処が上手く、相手にナメられさえしなければ、ほとんどのトラブルは未然に防ぐ事ができますし、トラブルに発展してしまっても 解決させられる可能性が高くなると言えます。


そこに その全てを兼ね備えた〝弁護士〟の存在意義があるわけですが、もしご自身に「それらのもの+知識」があれば、弁護士は不用という事にもなり得るわけです。


弊社では
⚫︎トラブルを未然に防ぐ事に対するお力添え
⚫︎トラブルに発展してしまいそうな事を 平穏に納める事へのお力添え
⚫︎トラブルに発展してしまった事を 解決へお導きする事へのお力添え
これらの事に対して「対処法ご教示」などの形で対応させていただいております。


対人トラブル(個人間トラブル・男女トラブル)でお困りの事があれば、お気軽にご相談下さい。


※ 法的に 弊社がトラブル相手と直接交渉する事はできません。

 

 

 

いたずら・嫌がらせについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る