いじめについて

「生き別れになり その後亡くなった息子さんの死因が知りたい・遺品がほしい」

少し前に
「生き別れになり その後若干20歳で亡くなった息子さんの死因が知りたい。その息子さんの遺品がほしい 。」
というご依頼を承りました。

 

色々と複雑なご事情がおありのようですが、同じ子を持つ親として ご依頼者様のお気持ちは痛いほど理解できるので、何とかお力になって差し上げたいと思います。

 

死因を知り得るため 遺品をもらうためには、まず「死亡時の住所」を判明させなければなりませんが、それにはその前に その当時の〝苗字〟を判明させる必要があります。

 

生き別れになった当時 その子の「親権者」となったであろう人物と 更にその親の住民票や戸籍を散々洗いましたが、その人物がかなり〝特殊な人〟であり 一向に判明しません。

 

調査が暗礁に乗り上げかけていた時、ある一つの情報から 死亡時の苗字を判明させられる可能性が出てきました。
それには〝現地〟に赴き
「ある場所で ある時間帯に ある特定の人たちに」
片っ端から〝聞き込み〟をしなければなりません。

 

通常 死亡した人の情報を得ようとすると、相手に警戒心を抱かれて調査が難航するものですが、その辺に対しても〝秘策〟があります。

 

昨夜 関東近県での4日間に渡るハードな調査から帰京したばかりですが、来週 和歌山県に飛んで調査をして参ります。

 

ご依頼者様からの情報が正しければ、恐らく判明させられる事と思います。

 

 

 

いじめについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る