お客様の声

東京都 男性 38歳 既婚 Kさん 「嫌がらせ」「器物損壊」

No image

□ お悩み

 

真昼間に幹線道路沿いの自分の駐車場の車に乗り込もうとしたら、暴走族が通りかかりこちらに向かってエンジンの空ぶかしをしながら威嚇してきたそうです。
気の強いKさんは応戦するような態度を取ったところ、暴走族は走り出して行ってしまったそうです。

その約二週間後にまず車にカラースプレーでいたずら書きをされ、それを直した直後に前輪二本のタイヤをパンクさせられ、それを直した直後に後輪二本をパンクさせられました。
しかもこの三件を1ヶ月かそこらの間でやられたそうで、何度も警察に出向いたのに相手にされず、堪らず弊社へ相談に来られました。

 

□ 解決までの経緯

 

とりあえず、目立たない場所に暗視カメラを二週間設置しました。
その間近隣の暴走族や旧車会のたぐいの連中を調べ上げ、ご依頼者様が「顔を見れば分る」と言うので溜まり場のようなところにも同行しましたが、手がかりに繋がるような情報は得られませんでした。

二週間の間は何も被害はなかったのですが、映像をよく確かめると深夜に少し離れたところから車の方をジロジロ見ている人物が映っていました。
意外と用心深い人物のようで、目ざとくカメラを見つけたようです。
そこでご依頼者様に「設置場所を変えてもう二週間設置した方がいい」と勧めました。
しかしご依頼者様が「いや、これでこちらの本気度が分っただろうからもう来ないだろう」と再設置を拒否されました。

その三日後にブロック塀のブロックでフロントガラスを割られ、ボンネットも陥没するという最悪の結果になってしましました。

そこでさすがに警察も被害届を受理してくれて、簡単な調書くらいは取ってくれたようですが「でも犯人の特定は難しいですね」と言われたそうです。
ご依頼者様に「駐車場を変えるから、新しい駐車場に移るまでの間もう被害が出ないようにして欲しい」と頼まれたので、本物そっくりのダミーカメラを無料で設置して差し上げました。

この案件は悔しくも「犯人特定」からの「刑事的もしくは民事的に責任を取らせる」事ができず本当に悔しい思いをしたので、いつまでも忘れられない案件です。
ご依頼様はその後無事に駐車場を変えられ、その後被害はなくなったそうです。

 

□ 解決までの期間

 

当社へのご相談から駐車場変更まで約二カ月。

 

□ 苦労した点

 

暴走族だと聞いたのですぐに証拠を押さえられるだろうと思っていたのですが、意外と用心深く、意外と小利口だったのが計算外でした。

後から分ったのですが暴走族と旧車会というのは見た目は一緒でも内容が全く違い、旧車会は30~40歳を過ぎている輩もいるそうです。
なので今思えば旧車会の連中だったのかもしれません。

特にいたずら、嫌がらせは「相手の特定」と「証拠」が全てと言っても過言ではありません。
相手を特定し、しっかりとした証拠さえ押さえてしまえば、完全に主導権は逆転します。
あとは話し合いで解決するのか、、民事的に賠償させるのか、刑事罰を求めるのか、その両方なのか、被害者側の考え方や相手の出方、状況次第で判断する必要があります。

 

□ お客様の声

 

この度はありがとうございました。
少し残念な結果になってしまいましたが、私が岩田さんの言う通りにしなかったのが大きな間違えでした。

一緒になって悔しがってくれた事は忘れません。
うわべだけでなく「心」のある人だと感じました。

もうああいう連中は二度と相手にしないようにします。
ありがとうございました。

お客様の声一覧に戻る
ページ先頭へ戻る