交渉同席などについて

「金銭貸借トラブルの八つのパターン / 昨日の解決事例」

弊社では日々様々な金銭トラブルのご相談を承ります。
その中でも最も多いのが 単純な「貸したお金を返してもらえない」というものなのですが、大きく分けると八つのパターンがあります。

 

◾️借用の証拠はあり、現住所も分かり、現在連絡も取れるパターン
◾️借用の証拠○、住所✖️、連絡✖️
◾️借用の証拠○、住所○、連絡✖️
◾️借用の証拠○、住所✖️、連絡○
◾️借用の証拠✖️、住所○、連絡○
◾️借用の証拠✖️、住所○、連絡✖️
◾️借用の証拠✖️、住所✖️、連絡○

 

この中であれば、上手にやれば返済に応じさせる事ができる可能性はあります。

 

しかし
◾️借用の証拠もなく、現住所も分からず、現在相手と連絡も取れない
このような状況である場合は、なかなか厳しいと言わざるを得ません。

 

弊社ではこのような状況でも成功事例がありますが
『お持ちの情報から居所を判明させ、接触して証拠を取り、その後正式に請求する』
という形になるかと思います。

 

因みに「LINE ID以外は一切分からない」という事であれば不可能に近いですが、いづれにせよ 一番重要なのは「相手がどのような人物なのか?」という事になってきます。

 

 

昨日解決させた案件は「証拠○、住所✖️、連絡✖️」というパターンでした。

 

まず弊社で現住所を判明させ、現地へ行って実際にそこに住んでいる事を確認し、文書にて〝効果的な文言をもって〟請求していただきました。
その結果、あっさりと返済に応じさせる事に成功致しました。

 

このように いくらでもやりようはございますので、このような金銭トラブルでお困りの際は、是非お気軽にご相談下さい。

交渉同席・付き添いについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る