交通事故トラブルについて

「保険会社と交渉する時の心構え4箇条」

警察庁の発表によれば、平成26年度の自動車事故件数は57万3,465件、うち死亡者数4,113人、1日あたりでは11.3人と、推移としては微減傾向にあるものの、依然高い水準にあります。

交通事故には損害賠償がつきものですが、被害者と加害者の主張が食い違い、訴訟にまで発展するケースはわずか2%程度です。

これだけの事故件数のなかで、ほとんどの事故が示談で解決しているという事です。

被害者の無知につけ込んでくる事故担当者

ドライバーの多くは示談代行付きの任意保険に加入しているでしょうから、示談交渉の相手は保険会社の事故担当者ということになります。
しかしなかには、被害者の知識の無さにつけ込み、賠償金額を最低価格に抑えようとする担当者もいるので注意が必要です。
典型的なのは、自分たちは1円も身銭を切らずに、自賠責保険の金額内で手を打とうとする手法です。
被害者は、モヤモヤする気持ちはあるものの、知識が足りないためそれを問題化することもできず、そのまま丸め込まれてしまうケースは少なくありません。
もちろん、保険会社の人間全てが「悪」というわけではなく、なかには被害者のために誠意ある対応を心がけている担当者もいますが、原則的には「適性査定」や「厳正査定」の命を受け、自社の負担が重くなることはしないものです。
代理人として交渉に来ている限り、どんなカードを切るかは被害者側の出方や知識量に応じて変えてくるのが現実です。

保険会社と対峙するときの心構え4箇条

交通事故トラブルの事例によって細かな部分は異なりますが、保険会社と交渉する上で押さえておきたい共通事項として、次の4つを挙げておきます。

1.保険会社を必要以上に恐れない

プロ相手に対して臆してしまうかもしれませんが、任意保険に加入していない加害者と交渉するよりははるかにマシです。
保険会社が代理をつとめる時点で最低限の賠償金は確保できるのですから、「損することはない」くらいの気持ちで臆せず交渉しましょう。

2.感情的にならない

業務とはいえ相手も血の通った人間です。穏やかに話せば譲歩し合える案件でも、感情にまかせて要求を突きつけたがために徹底抗戦の構えを見せてくる事もあります。
怒る気持ちは分りますが、基本的には冷静さを保ってください。

3.事前準備はきっちりと行なう

保険会社の代理人は事故解決のプロです。そんな相手に知識ゼロの状態で挑んでも勝ち目はないです。
交渉前には必ず事前準備を行い、自分なりに理論武装をしておきましょう。
市役所、区役所の法律相談所を利用するのも手です。

4.自分1人で戦わない

手強い担当者が相手だと、うわべのの知識やテクニックでは対抗できない事もあるでしょうが、だからと言って白旗を揚げる必要はありません。
納得いかなければ示談をせず、交通事故紛争処理センターや日弁連交通事故相談センターなど、外部の相談先を頼るのも一つの手です。
後になって「騙された!」と後悔する事のないように、安易に言いくるめられないための交渉テクニックも身につけておきたいものです。
交通事故トラブルについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る