ハラスメント

「洗脳・マインドコントロール」

DVでも離婚問題でも金銭トラブルでも 全ての「対人トラブル」に共通して言える事ですが、加害者が賢い場合 または口が達者な場合など、被害者の方がスッカリ丸め込まれているようなケースのご相談が とても多くなっております。

 

被害者の方が「それはおかしい」と思って反論しても「ああ言えばこう言う」で全てを却下され、最後は何も言う事ができなくなってしまいます。

 

証拠取得のために録音させていただいたものを聞かせていただいて つい笑ってしまう事があるのですが、彼らは得意げに自信満々に法律論を勝手な解釈で語ります。
あたかも最高裁判所の裁判長でもあるかのように、法律をねじ曲げて論じたり、時には勝手に法律を作ったりして被害者を追い詰めます。

 

あまり知識がなかったり、議論する事が苦手であったり、怖くて反論できないような被害者の方は、ねじ曲げられた「屁理屈」を刷り込まれ言いなりになってしまいます。

 

加害者の言う「全て自分が正しい」を信じ込み「全て自分が悪い」と思い込んでしまっているような被害者の方もおられます。

 

このように完全に洗脳・マインドコントロールをされているようなケースも少なくないのですが、相手の主張の実態は 実は真逆であるような事が非常に多いのです。

 

 

そのような疑いがある場合は、人の言う事やネットの情報を安易に鵜呑みにせず、必ず弁護士などの専門家に相談する事をお勧め致します。

 

弊社でも対応させていただいておりますので、是非お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る