ハラスメント

「婚外恋愛」

最近「婚外恋愛」という言葉が使われているようですが、要するに「不倫」を少しオシャレに言ったまでであり、内容的には不倫と同じ事なのだと思います。

 

男性が既婚者で女性が独身のパターン、女性が既婚者で男性が独身のパターン、両方が既婚者のいわゆる「W不倫」(ダブル不倫)のパターンとありますが、人間が動物である以上 この世の中から不倫がなくなる事は絶対的にないと思います。

 

「不倫は文化だ」と開き直った俳優さんもいましたが、確かに不倫を題材とした有名小説も数多くありますし、不倫を肯定的に捉えている文化的な業界がある事も事実です。

 

「禁断の恋」「秘めた情事」みたいなものに、魅力を感じる気持ちも分からなくはありません。
冷め切った夫婦関係の方などが、他の異性に興味を持ってしまうのも理解はできます。

 

浮気調査の際の〝対象〟(配偶者の浮気相手)と接してみると、意外なほど純粋な人が多い(もちろんズル賢い人も少なくはありません)ものですが、実際に行動に移す事の善悪は別として「人を好きになる」事は理屈では説明ができないものなのかもしれません。

 

 

弊社の業務内容的に非常に言いづらいのですが、実は私自身 ケースによっては不倫を全面的に否定できない気持ちもどこかにあります。

 

色々な形、色々な状態の夫婦があるでしょうし、実際に業務上 他の異性に走ってしまうのも仕方がないような状態のご夫婦も何度か見てきています。
大概は〝浮気をされた〟方の立場の方からのご依頼なので、口が裂けても言えませんが、正直「気持ちは分かるよな」と思う事もなくはありません。

 

しかし 夫婦関係がどういう状態であろうとも、不法行為は不法行為であり「是が非か」と問われれば間違えなく「非」です。
配偶者がどのような方であれ「配偶者を裏切る」「配偶者を悲しませる」事も間違えありません。

 

もちろん〝通常の状態〟での浮気は言語道断である事は言うまでもなく、仮にそのような場合であっても〝心の声〟は封印し、毅然と粛々と対応させていただいております。

 

 

◾️不倫相手とのトラブル
◾️配偶者の浮気の「法的に有効な証拠」の取得
◾️配偶者の浮気相手の特定・調査
◾️浮気相手への慰謝料請求
◾️浮気を原因とした離婚問題

 

などでお困りの場合は、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る