ハラスメント

「出張カウンセリング / 共依存」

本日は出張カウンセリングのご依頼で、東海地方の方へ来ております。

 

お母様からのご依頼だったのですが、お子様がパートナーと完全に「共依存」の関係になっており、お互いに傷つけ合いながら別れたりくっついたりを繰り返しているそうです。

 

相手をストーカーとして警察に突き出して警告を出してもらった後も、まだお互い惹かれあっていて関係を続けているような状況です。
普通の方にはあまり考えられないような関係だと思いますが、これこそが共依存の典型であり、こういったケースは決して少なくはありません。

 

お互いがお互いに完全に依存し合っているので、もう「なくてはならない存在」(と思い込んでいる)になっています。
しかし そこにはDVやストーキングなど多くの問題もあるので、一時的には「この人と一緒にいてはダメだ」と我に返り離れたりもするわけです。

 

不倫関係など「障害や刺激があるからこそ燃える」というような話を聞いた事がありますが、それに近いような感覚もあるのだと思います。

 

 

今回のご依頼は「別れさせたい」という事ではなく、あくまでも
「今の物凄く不安定な状況から脱して、お互い冷静にキチンと将来を見つめ直してほしい」
というものでした。

 

本日はご依頼者様と事前に約1時間のお打ち合わせをした後
ご依頼者様のお子様と1時間。
お子様のパートナーと1時間。
両方同席した形で1時間。
合計3時間のカウンセリングを行いました。

 

その後、ご依頼者様のお子様が相手と二人で話したいと仰るので、1時間半ほどの間 暴力などかないよう付かず離れずで同席させていただきました。

 

 

本日的には、じっくりお話をお伺いした上で 私の考えもお伝えしながら正しい方向へ誘導し、それなりの成果を挙げる事はできたと思います。
しかし マインドコントロールでもそうですが「人の思い込み」を解く事は容易ではなく、一朝一夕では成し遂げられません。

 

今後はご依頼者様のお子様と直接やり取りをして サポートさせていただこうと考えていますが、とりあえず相手側に「宿題」を与え、また15日に来させていただく事になりました。

 

 

ちょうど明日 名古屋で別件の仕事がありますので、晩に名古屋入りし、今 軽く一杯やっています😊

 

いつもは 宿泊費もご依頼者様にご負担いただくので、遠慮して安いホテルの安い部屋にしか泊まらないのですが、今日は自腹なのでチョットだけ贅沢しました😊

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る