ハラスメント

「ネットゲーム(オンラインゲーム・ソーシャルゲーム)で知り合った相手からの 不当な要求」

先日「ネットゲームで知り合った相手から因縁をつけられて 様々な要求を受けている」というご相談を頂戴致しました。


相手は男女一人づつ二名いて、その二人がグルになって 相談者を陥れようと画策しているようでしたが、何とその片方の女性はその後に〝自殺をした〟という事でした。

「あなたが嘘をついたからショックを受けて自殺したんだ。キチンと責任を取れ」
「あなたのせいで精神を病んで死んでしまったのだから、全責任はあなたにある。今 弁護士を使ってあなたの住所氏名を調べてるから覚悟しておいてくれ」
「私もあなたに全てを奪われた。それ相応の罰は受けてもらう」
などと言われていていて、巧妙に〝名誉毀損〟にあたらないギリギリのラインで SNS上で誹謗中傷を受けているというものでした。


相手の主張や要求は トンデモナイ支離滅裂なものでしたが、その話を聞いた瞬間に
「自殺したという話も 弁護士を雇っている話も嘘だな」
と直感しました。


しかし、正直〝本当に自殺したのかどうか〟を判明させる事にさえも意味がないので、そこは飛ばしてサッサと終わらせる事にしました。


何の法的根拠もなく、あまりにも浅はか かつ幼稚な主張・要求であったので、ご依頼後即日で全てを〝終了〟させていただきました。
解決まで ほんの〝2アクション〟でした。

ご依頼者様には
「〝嫌み〟や〝憎まれ口〟の類は 二、三あるかもしれませんが、恐らく これで全て終わると思いますよ。」
とお伝えしておりましたが、ほとんどそのような事もなく、予想通り まさに〝瞬殺〟でした。



〝オンラインゲーム〟は 今や「eスポーツ」として世界的に認知されつつありますが、やはり いまだに〝陰湿〟な人も多いようで、このようなご相談は決して少なくありません。

ネットゲームに限らず、SNSや何らかのサイトなど〝ネットの世界〟で知り合い、ワケの分からない不当な要求をされているというご相談は 数え切れないほどございます。

私に言わせれば〝洗脳〟に近いものだと思いますが、ご自身もシッカリとした意思を持ち キチンとした知識を持っていれば、そのほとんどのものは簡単にはね除けられる類のものです。


匿名性やバーチャル性が高い分 調子に乗って気が大きくなっているのでしょうが、LINE IDしか知らなかったり、サイトのアカウント名しか知らないような相手の要求を 簡単に飲んではいけません。


常識とも言える事ですが、何らかの契約(約束事)をする際は、最低でも相手の住所氏名を聞いた上で 身分証も提示させるようにして下さい。
それにも応じないような相手には、ほぼほぼ全て騙されると思っておいた方かいいと思います。


ネットで知り合った人と仲良くなるのは結構ですが、LINEやサイト内のダイレクトメールのようなものでしか連絡が取れない相手は、決して〝リアルな友達〟ではありません。


◾️LINE ID → 住所氏名を調べる事はできません
◾️サイトのアカウント名 → サイト側が情報を開示してくれたとしても 費用が50万円ほど掛かる
となりますので、せめて 携帯電話番号を聞いておいて下さい。



もし ご自身での解決が難しいようであれば、どうぞお気軽にご相談下さい。



※ 実は ウチの次男坊もオンラインゲームが好きなので、よく言って聞かせようと思っています💧

 

 

 

ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る