嫌がらせ・ハラスメントについて

『一切根拠のない「これは違法行為(不法行為)にあたるから 慰謝料として○○万円支払え」という脅し / 不当要求 』

先日ご相談をいただいたのは
「セックスする事ができる女子高生たちのいるグループに 無料で招待する条件として、身分証の提示を求められたので それに従った」
そうで、その後に
「金を払わないと警察に被害届を出すし、お前の職場にも連絡する。
それに 未成年と関係を持とうとした事をSNSで拡散するからな。」
と脅されて、困り果てているご様子でした。


マッチポンプもいいところであり、思わず笑ってしまいましたが、この時点で 相手は〝○○丸出し〟と言ってもいいと思います。



一体全体何の実害があって、何に対する被害届なのか分かりません。
もしかしたら「告発」のつもりなのかもしれませんが、怪しげなグループに登録をしただけで 犯罪が成立するワケがありません。


一切義務のない事を 脅し文句と共に要求する行為は、明らかな犯罪です。
⚫︎害悪の告知のみ(脅かすだけ)⇒脅迫罪
⚫︎害悪の告知+義務のないことを行わせる(脅かして 何らかの行為を要求する)⇒強要罪
⚫︎害悪の告知+財物の交付(脅かして 金品を要求する)⇒恐喝罪
となり、この順番で罪が重くなっていきます。


被害届を出す権利があるのは相談者の方であり、相手は「単なる加害者」以外の何者でもありません。


こんなデタラメな請求する方もする方ですが、正直申し上げて 請求を受けて困り果てる方も困り果てる方だと思います。


通常では起こり得ない〝対人トラブル〟ですが、このように
「賢くない人(無知な人・常識がない人)と 賢くない人(無知な人・常識がない人)同士」
の場合は、通常ではトラブルに発展しない事でも いとも簡単にトラブルに発展します。



相談者の方も〝しょーもない事〟に手を出した事は反省するべきですが、〝5分で瞬殺〟できるレベルであり、それに加えて 謝罪も要求するべきだと考えます。

 

 

 

いたずら・嫌がらせ・ハラスメントについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る