詐欺、脅迫等犯罪トラブルについて

「対人トラブル解決に重要な相手の〝現住所の特定〟」

どのような「個人間トラブル」でも〝住所を知られていない〟という事が 相手の〝強み〟〝強気〟の原因になっているケースがとても多いので、そのような場合 まずは相手の現住所を判明させる事が解決への近道となります。


事実として、現住所を判明させた途端に相手の戦意が喪失されるようなケースがとても多くなりますが、特に 返金請求や支払請求をする際は、現住所を把握しているかどうかで 回収成功率に雲泥の差が出る事は間違いありません。


しかし〝知っている住所〟が嘘の住所であったり、もう既に引っ越していたり、一時的な居候先であったりするようなケースもあります。
(特に 支払うべきものを支払わないような人間には、そのようなタイプが少なくありません)


よって その〝知っている住所〟に対して請求を掛けても、相手からの返答がなく終了するようなケースも多いので、現在も実際に そこに住んでいるかどうかの確認を キッチリと行う事が重要だと思います。



住所も知らないような相手にお金を貸して、返してもらえないと大騒ぎをする方が多いのですが、逆の立場になってよく考えてみて下さい。


仮に自分が〝だらしのない人間〟〝デタラメな生き方をしている人間〟だったとして、住所も知られていない相手にお金を借りて、積極的に返済する気になると思いますか?

そのような人は
「住所も知られていないのだから、連絡手段さえ断ってしまえば 返さずに逃げ切れる」
と考えるに決まっています。
(実際に 住所を調べる術が一切なく 連絡が取れなくなったら終わりですが、調べる方法があるうちは 全く諦める必要はありません)


特に〝SNS〟や〝出会い系〟など ネット上では要注意なのですが、だらしのない人やデタラメな生き方をしている人は、この世に掃いて捨てるほどいるという事を よく覚えておいて下さい。



具体的に 相手の住所を知る方法としては、現状でまだその相手と連絡が取れるのかどうかでも変わってきます。

もう既に連絡が取れないのであれば、通常は
◾️携帯電話番号から調べる
◾️旧住所(以前の住所)から調べる
◾️車やバイクのナンバーから調べる
◾️よく出没する場所などから尾行をする
などの方法になると思います。


現状でまだその相手と連絡が取れるのであれば、以上のような方法に加えて まだいくつかの方法がありますが、そこは頭を使って上手に行わなければなりません。


LINEのアカウントからは住所氏名を判明させる事はできませんし、SNSのアカウントからは 条件的に調べる事ができたとしても50万円くらいは必要になりますので、もう既に連絡が取れないような状況で LINEやSNSのアカウントなどしか知らないような相手であった場合は、諦めざるを得なくなる可能性が高いと思います。



人にお金を貸す時 人にお金を預ける時は、最低限相手の住所氏名を聞いて、身分証で確認するようにして下さい。


最悪でも、何か上手い理由をつけて 携帯電話番号だけは聞き出すべきだと思います。

 

 

 

詐欺、脅迫等犯罪トラブルについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る