いじめについて

「新年一発目の〝現場〟/ 浮気調査 」

新年は4日(火)から通常営業をさせていただいており、ご依頼は何件か頂戴しておりますが、昨日 私自身としては 新年一発目の〝現場〟に出て参りました。


ご依頼は「浮気調査」だったのですが、日本人なら誰もが知っているような企業にお勤めの方の、同じ営業所内での3人目の不倫の調査です。
(一人目二人目の時も、無料相談の範囲内で対応させていただき、浮気相手に慰謝料を支払わせる事に成功しております)


当日の17時頃に正式にご依頼をいただいて、17時30分過ぎには現場に向かうというスクランブル出動でした。


通常「当日のご依頼」は対処が難しい場合が多いのですが、ご依頼者様が私の〝とても仲のよい友人〟のお友達であった事もあり、全ての用事をスタッフに任せて 対応させていただきました。


本調査の目的は
①浮気の証拠の取得
②浮気相手の住所氏名を特定
③浮気相手への慰謝料請求
と、それなりにやらなければならない事があります。
(上手くいけば、①②を同時に達成できる可能性もあります)

もちろんの事、先々配偶者と離婚をするようになる事を見据えた場合、これらの証拠を取得しておく事によって 色々な意味において有利になります。


昨日は急でもあったので 下調べ的要素が強かったのですが、様々な重要な事実を判明させる事ができました。
次回からは、弊社所有のGPSを貸与させていただいて 旦那様の車両に装着していただきますので、かなり効率的に調査を進める事ができると思います。



通常「浮気調査」は、弊社の業務全体の一割ほどなのですが、ここ最近 非常に多くなっております。


別件の関東某県の事案で、ご自分でGPSをつけて 日々旦那様の動きを監視しているのにも関わらず、何度も何度も調査日を外す(調査ご指定日に旦那様が浮気をしない)ご依頼者様がおられます。


酷いDVも絡んでいて やられたい放題やられている かなり悪質な事案ですので、心から同情させていただいており、一発大逆転のためにも 是が非でも証拠を取って差し上げたいのですが、いかんせん ご依頼者様の指定した日に女と会わなければどうにもなりません。
(もちろん「会っていない証拠」もご提示させていただいております)


一切 弊社のせいではないとは言え、このままではご依頼者様の精神的ダメージは大きくなる一方ですし、第一 これではお金がもったいないと思いますので、何だか申し訳なく感じてしまいます。


そこで ご依頼者様に確認したところ ご本人も意欲満々でしたので、ご自身で証拠を取っていただくべく、近々にご依頼者様のところへ出向き、〝現場〟で実践しながら 私の持っている調査スキルやテクニックを 手取り足取り全て無料で教えて差し上げる事に致しました。



正味な話、調査会社(探偵社)というものは、ご依頼者様からの〝指定日〟が外れれば外れるほど喜ぶものです。
(その分稼げるので)


調査員にとって 自身の調査スキル(皆さん〝独自のもの〟をお持ちです)は宝のようなものなので、身内であっても 決して人に教える事はありません。


こんな事をして差し上げるのは 日本全国探しても弊社くらいのものでしょうが、私は お客様のお力になって差し上げる事さえできれば それでいいと思います。
(もちろん「ケース」「人間性」「信頼度」などによって、その気持ちの〝度合い〟は変わってきます)

 

 

 

いじめについての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る