人探し・住所特定について

「債権回収の秘訣 /〝弱み〟や〝ツボ〟を見つける・それらのものを上手に〝利用〟する 」

◾️貸したお金を返してくれない
◾️商品(サービス)に対する代金を支払ってくれない
◾️売掛金を支払ってくれない
◾️養育費や婚姻費用を支払ってくれない
◾️損害賠償(慰謝料)を支払ってくれない


など、いかなる債権の回収でも 共通して言える事は、その成否を握っているのが相手の〝人間性〟と〝勤務先の質〟です。


言い方を変えれば「相手の〝守るべきもの〟の有無」とも言えると思いますが、家族であったり 仕事であったり 世間体であったりの何らかの〝守るべきもの〟がない人にとって〝債務の履行〟などは二の次 三の次になるわけです。


このような場合、通常は弁護士に依頼する事になると思いますが、弁護士は
①内容証明郵便で請求
②それに応じなかった場合は裁判
これのほぼ一辺倒しかなく、それ以外の事はほとんど何もやってくれません。


もしそれが その相手にハマれば、とても有効ではありますが、ハマらない相手には 何の役にも立たないという事になります。
(通常程度に〝守るべきもの〟がある人に対しては、普通は効果を期待できます)


そのような相手に対しては、もはや綺麗事など言っていられません。
そのような相手を翻意されるには、その人の「弱みを利用する」または「ツボを押してやる」などの作業が必要になってくるのですが
「その〝弱み〟や〝ツボ〟がどこにあるのか?」
「それをどのように〝利用〟するのか?」
この部分が、最も難しかったりするものです。
(大概 そのような人間には 一つくらいはあるものですが、その〝利用の仕方〟を間違えると 自身が窮地に陥る可能性もあります)


どのような相手であれ
「何をどこまでやれば応じるのか?」
「何をどこまでやる必要があるのか?」
は やってみなければ分かりません。

やってみて無駄になる可能性もありますが、逆に 何もやらなければそのまま一銭の支払いもない事が確定します。


そのまま諦めるのか、やるだけの事をやってみるのかは、ご自身の判断に委ねられる事になります。


◾️弁護士からの請求にも 確定判決にも応じない。
または 応じないタイプであると思われる。
◾️弁護士への依頼や 裁判をするのには抵抗がある。
◾️ 相手の〝弱み〟や〝ツボ〟がどこにあるのか分からない。
◾️ 相手の〝弱み〟や〝ツボ〟を どのように〝利用する〟のか分からない。


このような場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

人探し・住所特定についての一覧に戻る
ページ先頭へ戻る