代表のブログ

「東京人と大阪人」

投稿日:2021年06月04日

私は仕事上で 大阪をはじめとした関西に行く事が多いのですが、東京と大阪の一番の違いが「コンビニの数(密度)」だと思います。

 

その違いは圧倒的で、ターミナル駅の周辺でもコンビニを見つけるのに苦労する事がありますし、駅によっては駅前にコンビニがないなんて事も結構あります。

 

車に乗っていてコンビニを見つけ「いいや、次のコンビニに寄ろう。」なんて事をすると、当分の間コンビニにたどり着けないなんて事も多々あります。

 

以前 大阪に車を買いに行った時、そこの店員さんに
「いやー、東京と大阪は比べ物にならないですよ。
東京は 電車に乗っていてもずっと都会が続きますが、大阪は中心部から15分20分乗ってれば もうスッカリ田舎ですからね。」
と言われた事がありますが、確かにそうかもしれません。

 

 

あと 大阪の人はよく言えば「寛大」「おおらか」で、悪く言えば「大雑把」「テキトー」だと思います。

 

大阪駅(梅田)の駅前でも、難波のド真ん中でも、至るところで普通にタバコを吸っている人がいます。

 

東京の人は外では「まるで犯罪者ですな」などと言いながら 路地裏などでコソコソ隠れるように吸っていますが、大阪の人は「外で吸う分には問題ない」と思っている人が多いようで、ターミナル駅の駅前で歩きタバコをしている人も少なくありません。

 

それと「東京ではチョット考えられない とても変わった人」がいるのも事実です。
大阪の人は その〝変わった人〟にも慣れているのですが、だからこそ 弊社がご依頼を賜る事も多くなるのだと感じています。

 

 

あと 大阪の人は「物事を面白おかしく伝える能力」と「話し上手」という意味ではピカイチだと思います。
この「お笑いのセンス」「相手に〝聞かせる〟センス」は、老若男女を問わず 大阪の人には染みついているようで、その点では東京人は足元にも及びません。

 

先日 大阪駅駅前のホテルのロビーで「DV加害者に対するカウンセリング」の事前相談の時、ご依頼者様が笑いながら 関西特有の言い回しで
「私にも 子供にも 自分の親にも 自分とこの社員にも相手にされてひんし、ウチの犬や猫にさえも相手にされひんのですわ。」
と仰られた時は 思わずフキ出してしまいました😅💧

 

とても真剣なお話をしている時でさえも お笑いを挟んでくるところなどは、大阪の人特有のものだと思いますが、完全に私を笑わせようと思って仰った事なので フキ出してしまった事に問題はありません😅

 

 

大阪人は「赤の他人にも優しい」事も確かです。
「東京人との他人との〝距離感〟の違い」とも言えると思いますが、〝人情〟という部分においても 決定的に東京の人に欠けているものを持っていると思います。

 

私も同じような経験がありますが、少し前に長男坊が大阪へ行った時 他人に道を尋ねたら、あれよあれよという間に6、7人集まってきて、皆さんから代わる代わるお教えてもらい 少々困惑をしたそうです😅

 

一昔前までは 東京の下町にも人情があったものですが、今では地方から出てきた人が多いせいか スッカリ人情味が薄れてしまったように思います。

 

 

因みに 私は愛煙家(アイコスですが)でもありますし、あまりに神経質な人や 冷たい人は苦手なので、どうしても大阪人の方に親近感を持ってしまいます。

 

先日の「DV相談」の前日に、また別件の「行方不明の息子さん探し」をお手伝いさせていただき、一日行動を共にさせていただいた(お付き合いの長い)ご依頼者様には
「岩田さんは とても東京の人には見えませんね。
どう見ても大阪の人にしか見えませんよ。」
と言われました😅

 

2歳まで大阪の水を飲んで育ったので、私には大阪人の血も流れているのかもしれません。

ブログ一覧に戻る
ページ先頭へ戻る